ビギナーのNゲージレイアウト

Nゲージ

SLが好きなビギナーの人ならば、扇形機関庫とターン・テーブル、給炭塔や給水塔のある風景は、是非とも作ってみたくなるものです。これを総合レイアウトに組み込むためには、Nゲージでさえかなりのスペースが必要になります。しかしHO/16番でも小規模のセクション・レイアウトなら、畳1枚分のスペースで可能になります。機関庫から出てきたSLを、ターン・テーブルで別の線路に誘導する操作が、ゲーム感覚で楽しむことができます。

日本の大型SLモデルの全長は30センチ足らずですから、フライシュマン製電動ターン・テーブルが流用できます。そこから出て渡る大型ポイント・レールも、30センチほどの長さです。レイアウトの長さが畳1枚なら、限界いっぱいで実現ができそうです。給炭塔などのジオラマなどのスペースも考慮して、路線数は欲張らないことが大切です。線路ばかりの情景では、臨場感というものが出てきません。ジオラマが大切です。

両端のセンサー・レールとタイマー装置を兼ねた電極変換装置のような仕組みの、自動往復運転システムにすると往復走行する車両が、手放しで見物することができます。両端をトンネルにして、中央部を渓谷と鉄橋のジオラマにすればトンネルを出た車両が鉄橋を渡って、次のトンネルに入っていくという情景を楽しむことができます。

●鉄道模型のおすすめ記事や情報→ 一歩差がつく鉄道模型の記事 鉄道模型の情報

フィギュア

ビギナーでもリアルなジオラマ

リアル

ジオラマレイアウトといえば鉄道模型が有名です。とても精巧な模型を作る人がいるものの、誰もが最初はビギナーですので、今まで経験がなかったからといってジオラマを作れないことはありません。しかし、ビギナーがいきなり高度な技術を持って作るのは極めて難しいことから、最初は参考になる手段を用いて真似から入るのがおすすめです。自分一人で始めるのであれば、書籍が役に立ちます。

ホビージャンルの書籍に鉄道模型の作り方のガイドブックがいくつか発売されていますので、それらを利用すれば自分の頭の中で想像して作り上げたものよりも、簡単にリアルな雰囲気のジオラマに仕上げられます。テキストでは理解が難しいなら、ジオラマのワークショップや教室を利用するのが便利です。講師が目の前で教えてくれますから、理解がしやすく、わからないことがあっても質問すればすぐに解決できます。

リアルなジオラマ

鉄道模型メーカーのショールームで開催した事例があります。イベント情報を定期的に調べておくのがおすすめです。書籍やワークショップ、教室などでリアルな模型を作るコツや技術を学んだ後は、応用して自分なりの作品を作ることにチャレンジします。そのうち徐々に技術が向上し、自在にリアルなジオラマレイアウトを作れるようになります。

駅 ジオラマ